会社紹介

■会社紹介

 当社は、創業時より宇宙ロケット関連機器の開発支援を行い、宇宙太陽光発電の研究開発に従事してまいりました。今後さらに、マイクロ波電力伝送技術を中心に、無人自律飛行体やセンサーへのワイヤレス給電などの商品開発、販売及び運用サービスを展開してまいります。

 

■当社の強み

  1. マイクロ波電力伝送技術
    1980年代から、京都大学殿は宇宙太陽光発電の実現に向けたマイクロ波電力伝送 技術の研究開発を進めており、世界をリードしております。 翔エンジニアリングは、 当初からその研究開発に関わり、技術を蓄積し、知財を獲得してきました。
  2. 体制
    当社は、企画・研究・商品開発中心の企業です。 マイクロ波電力伝送技術をベースに、各分野で高い技術を持った企業と協業し、研究開発から製造、販売、運用、メンテナンスの提供を目指しています。
  3. 産学官連携の実績
    「遭難者救急・救難支援システム」(京都大学殿)、「活火山等の到着不可能地域における観測・監視装置システム」(九州大学殿、京都大学殿)などのマイクロ波電力伝送とドローンを組合せたシステムの開発・実証実験を進めております。

矢印

会社紹介 会社紹介2

宇宙太陽光発電イメージ
宇宙空間に設置された太陽光パネルで
発電した電力を、マイクロ波で地上に
送り、アンテナで受信し電力に変換して使用します。

日本初の屋外マイクロ波電力伝送実験(伊豆大島)
無人飛行体から照射された電波を地上の
受電部で電力に変換し、温度計測を行い
データを送電側に送りました。